ウォーターサーバーは同じ家族状況の利用者を参考に

バナー

ウォーターサーバーは同じ家族状況の利用者を参考に

契約するかどうかは別として、お試しで使ってみたいけどどのウォーターサーバーがよいのかわからないという意見があります。


この10年ほどの間に業界が急成長し、どの会社がよいのか、どのように選べばよいのかわかりづらくなってしまったのは否めません。

これまでは、天然水といわれる種類を基準に、目的や用途を考えて契約をするのが一番シンプルでした。それが、水の種類が増え、ボトルのタイプが増え、サーバーのタイプが増えたことで組み合わせが複雑化しました。



種類が多いことは選択肢が増えることですからユーザーにとっては良いことなのですが、選択する時に困るのは悩ましいところです。

ウォーターサーバーの会社には、契約の途中で水の種類を変更できることがありますから、もし契約した水が気に入らなければ変更できる方が融通がききます。

また、ある程度契約を継続すればサーバーのタイプも変更できれば、解約を考えなくて済みます。せっかく契約をしたのですから、短期間で解約してしまうのはもったいないですから契約時に変更の有無も参考にするとよいでしょう。

また、ウォーターサーバー契約のポイントとして、サーバーのレンタル料や送料が無料であることも参考にしましょう。



どの部分が無料であるかは、契約する家族状況で変わってきますし、無料でお得になるかどうかも変わってきます。



お試しを含めた契約をする際には、同じ家族状況のユーザーの意見も参考にすると失敗が少なくなります。