ウォーターサーバーのRO膜水とは

バナー

ウォーターサーバーのRO膜水とは

ウォーターサーバーの水には大きく分けて二種類あり、一つが採水された後に最低限の殺菌などをして出荷される天然水、もう一つが工場で製造されるRO膜水と呼ばれるものです。

天然水に関してはよく知られているから良いのですが、対照的にRO膜水と言われるといまひとつ意味が良く分からないということもあるでしょう。



ではこのRO膜水とは何なのかというと、これは水をRO膜と呼ばれる濾過用の膜に通して濾過したものであるということになります。
このRO膜は水の分子だけを通過させて他の分子に関しては極力通過させないという性質があり、その目は0.001~0.0001ミクロンとなっており、肉眼ではまず目を確認することすらできないほどになっています。
この膜に水圧をかけることで水だけを通過させ、分子が大きい他の不純物に関しては通過させないということができるのです。



このRO膜水のメリットは何よりも安全性に優れていることでしょう。ウォーターサーバーで使用されている水としてはもちろんのこと、一般的に入手できる水の中ではトップクラスに安全性に優れています。

加えて価格も天然水に比べると安価であることが多いため、まず試しにウォーターサーバーを使ってみたいという人にもお勧めできます。

ただその反面、味ということで言えばRO膜水はほぼ完全な無味であることには注意が必要です。



水の味は水中に含まれるミネラルによって作られる物ですが、そのミネラルが除去されているため味がほとんどしないのです。
美味しい水が飲みたいということであれば好みに合わせた天然水を選ぶべきですが、もし安全性に優れたものや、飲み物や料理に使うために雑味のない水が欲しいということであればRO膜水がベストでしょう。